【使用感記事】学力定着に役立った『教科書ぴったりドリル』の中身とは

シェアする

目次

2020.07.29

  • シェアする

1.学力定着に役立った『教科書ぴったりドリル』の中身とは

自宅で学習をする際にドリルを選ぶ親御さんは多いですよね。しかし、お子さんに「ドリルやろう!」と声を掛けると「えっ…」と嫌がる子も中にはいます。

家庭の中にはテレビやゲームにおもちゃといった誘惑もたくさんあります。そんな中でも、親として習慣的に家庭学習をしてもらいたいと思うのは当然のことです。小学校低学年は、今後の勉強の中の基礎となる部分が大きいからです。

そこで、敬遠されがちなドリルを少しでも楽しく習慣化できるおすすめの教材をご紹介します。ぜひドリル学習にお悩みなら参考にしてみてくださいね。

2.いくつか使ってみてたどりついた『教科書ぴったりドリル』

今よく聞くタブレット学習も候補の中にありました。ですが、私としては低学年のうちは鉛筆をしっかりもって書く練習もして欲しいという思いもあり、ドリル学習を重点的に考えていました。

しかし、世の中にはさまざまなタイプのドリルがあります。ドリルは、問題がぎっしり詰まっていてちょっと窮屈なイメージがありませんか?

事実、今までいろいろなドリルを試してみましたが、やはり問題ばかりの厚みのある問題集は、集中力がなかなか続かず、やる気のモチベーションもだんだん下がってきました。最後には、ページをめくるのも億劫になるほどに…

ですが、最後の望みを祈るような気持ちで『教科書ぴったりドリル』を使ってみたら今までのドリルとは違う魅力がありました。

関連記事:『教科書ぴったりドリル』で基礎・基本をくりかえし学習!

まず、無理のない問題数で子どもがパッと見た感じでも、圧迫感がなく意外とすんなり受け入れてくれることに成功しました。勉強嫌いなお子さんでも苦痛でない量でまとめられているので、ドリルを進めていけば、少しずつレベルアップして勉強が楽しくなります。

これなら、しっかり自宅でのドリル学習が定着できそうだなと思いうれしかったです。

3.子どもも親も使いやすくてわかりやすい

この『教科書ぴったりドリル』の良いところは、子どもが字を書くのに枠が大きいので十分なスペースがあります。また、ちょっとしたポイントがかわいいキャラクターたちのイラストつきで書いてあるので、子どもも楽しく学べます。

1回の目標時間が15分ほどなので集中しやすいのも習慣化するのには良さそうです。さらに、1枚づつ簡単に切り離して使えるタイプなので、勉強スタイルにあわせて自分のやりやすいように取り組めます。

ドリルの最後の部分に「おたのしみひょう」というページがあり、1ページおわるごとに星や惑星などのかわいいシールを貼ることができます。すべて貼り終わると、壮大な宇宙の絵が完成するようになっているため、毎日コツコツ頑張ると同時に達成感も得られるようです。

また親子での自宅学習にもってこいだと思います。教科書に完全準拠してあるので、ドリルのページに細かく「教科書の〇〇ページ」に載っているということが明記されています。目標時間や合格点も書かれていて、子どもも目標に向けて集中して取り組みやすいです。

ドリルでは、まず「きほんのドリル」部分で、基本の力を身につけます。基本の力がわかったら、「まとめのドリル」で数回分のドリルをまとめて復習ができます。この「きほんのドリル」と「まとめのドリル」を繰り返しすることで基礎や基本の力が身に付きます。

回答を書く欄も、「□にはかん字を、【】にはかん字とひらがなを書きましょう。」と丁寧にわかりやすい問題の出され方も魅力です。

このように、親も子もわかりやすいドリルなので、一緒に取り組みやすいのはうれしいですよね。1回の勉強が15分から20分程度に設定されているため、ちょっとしたリビング学習で親子のコミュニケーションの一つとしても活用できます。

4.まとめ

この『教科書ぴったりドリル』を試してみての感想は、基本を身に着けるためのドリルとして最適だったと思っています。なにより、ドリル学習は通信教育や塾に通うよりも低価格で続けられます。

通信教育や塾でもしも子どもに合わないと思っても、一度入会してしまうとなかなか簡単にやめることはできませんよね。ドリル学習なら、合わなければ他のドリルに乗り換えられるので気分的にもあまり重く考えなくていいところも気に入っています。

小学校低学年だとまだ一人きりで計画的に自宅学習を進めていくことができるお子さんは少ないですよね。低学年のうちに習う計算や漢字はまだそこまで多くありません。

しかし、この期間に繰り返し練習しておくことや自宅学習を習慣化しておくことはとても重要だと言われています。最近では無料でドリルの問題がダウンロードできるものもありますが、やはりそれでは教科書に沿った内容でなかったり、解説が載ってなかったりしますよね。

それよりは、教科書に沿った内容で進める方が、見たことのある内容なので子どもも安心できるようです。ですので、中身も充実しているこの『教科書ぴったりドリル』で日々の勉強を進めていくのがおすすめですよ。

※本記事は商品を実際に使用したお母様にインタビューを行い、その内容を記事化したものです。

この記事を読んだ方に
おすすめの問題集

その他おすすめコンテンツ

コンテンツカテゴリ